歴史に興味を持ち始めたきっかけは、「燃えよ剣」からでした。 次が「竜馬がゆく」。すごすぎます。




司馬遼太郎が考えたこと〈5〉エッセイ1970.2~1972.4

司馬遼太郎が考えたこと〈5〉エッセイ1970.2~1972.4司馬遼太郎が考えたこと〈5〉エッセイ1970.2~1972.4
司馬 遼太郎
新潮社 刊
発売日 2005-03
価格:¥700(税込)




うまいもんだ 2005-05-18
「謀殺」という文章を読んで、舌を巻いた。著者は戦国の世から語り始める。丹波・丹後の土地は、山ひだのなかに町があり、村がある。織田軍の部将たちは、ここを攻めあぐねた。ついに、ここの守護大名、一色氏を呼び出し、はかりごとをもって目的を達した。話題は急に現代へ飛ぶ。過疎にあえぐ山村にテレビが入り、過疎を報じた。勢い余って、やや演出した。そのために、本当に村がひとつ滅んでしまった。
テレビが村ひとつ消しやがった。
山村に分け入るテレビ・クルーが、往時の織田軍の姿に重なる。そのことを語り憤懣やるかたない丹後人を、著者は評して言う。
「まるで一色氏の怨念がこもっているようだった」


■続きを読む


この記事は2006/5/30に作成しました。

【司馬遼太郎の経歴】
1923年生まれ。

学徒出陣で陸軍に入り、満州へ行き、終戦時は本土の戦車連隊所属。

復員後、朝日新聞社を経て、産業経済新聞社入社。1961年退社。

1960年、「梟の城」で直木賞受賞。1966年、「竜馬がゆく」「国盗り物語」で菊池寛賞受賞など多数の作品を残す。

1996年永眠

あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら