歴史に興味を持ち始めたきっかけは、「燃えよ剣」からでした。 次が「竜馬がゆく」。すごすぎます。




戦雲の夢

戦雲の夢戦雲の夢
司馬 遼太郎
講談社 刊
発売日 1984-11
価格:¥680(税込)




滅亡の賦 2005-08-18
長曾我部氏の最後の当主・盛親を描いた物語です。父・元親は長男・信親の死後、ショックで急速に変化してしまいます。
かつての名君も、暴君化し盛親に跡を継がせようとかなり強引なことをしでかします。その「かなり強引な」結果、誕生した盛親政権も、関ヶ原参戦、戦後処理の愚かさから、土佐一国を取り上げられ追放の憂き目にあいます。追放後の厳しい監視生活から、大阪の陣参戦、最後までをこの物語で描いています。滅びの中、それでも旧家に殉じようとする家臣、敵味方にわかれながらもお互いに分かり合おうとする旧主従の「友情」に心打たれます。


■続きを読む


この記事は2006/5/30に作成しました。

【司馬遼太郎の経歴】
1923年生まれ。

学徒出陣で陸軍に入り、満州へ行き、終戦時は本土の戦車連隊所属。

復員後、朝日新聞社を経て、産業経済新聞社入社。1961年退社。

1960年、「梟の城」で直木賞受賞。1966年、「竜馬がゆく」「国盗り物語」で菊池寛賞受賞など多数の作品を残す。

1996年永眠

あの神田昌典さんの超人気CDがもらえる、フォレスト出版リーダーズクラブはこちら